Sponsored Link

2007年04月10日

ハイブリッドカーの仕組みとエコ

ハイブリッドカーは、電気とガソリンで走るエコカーを主にハイブリッドカーとよんでいます。

トヨタハイブリッドカーのプリウス(1997年発売)がきっかけで、
ハイブリッドカーが一般に広がっています。


やまだひさしさん(ラジオDJ)が、
ハイブリッドカーのバンに乗って、
日本各地のエコ情報などを取材&放送もしました。
(やまだひさしのエコキャラバンbyハイブリッドカー)



【ハイブリッドカー一覧】
トヨタハイブリッドカー(プリウス、アルファード、クラウン、クルーガー)

ホンダハイブリッドカー(シビック)

日産ハブリッドカー(なし)



ハイブリッドカーは燃費がいいですが、
2009年に、
日米欧で一斉に排ガス規制が強化される「2009年問題」が目前に迫っています。

地球音高を食い止めるためハイブリッドカーの種類を増やし、
最新ハイブリッドカーの仕組みをさらに改善し、
ハイブリッドカー現状の燃費をさらに高め、
ハイブリッドカーの構造をさらによくし、
と日々取り組んでいるメーカーと、

ハイブリッドカー以外のクリーンエネルギー車を模索しているメーカー。


ちなみにハイブリッド車の普及は広がっていて、
2004年には、
トヨタハイブリッドカーのプリウス発売の1996年の1000倍近い、
19万6800台に達しています。

またハイブリッドカーの前年比の伸び率は、年20%以上です。

2003年には45.6%、
2004年にも48.5%と、
ハイブリッド車の人気度は上昇中です。


「ハイブリッドカー・エコカー」の上にもどる
posted by ハイブリッドカー at 10:27 | 仕組み

2007年04月04日

充電式ハイブリッドカー&充電式バッテリー

ハイブリッド車への関心は、世界中に広がっています。
中でもハイブリッドカーは、アジアと北アメリカで注目。
ガソリン高騰もあり、
ハイブリッド車の燃費の高さに注目が集まっています。


さて、
「充電式ハイブリッド」という新技術が話題を呼んでいます。

充電式ハイブリッドは、
いままでのハイブリッドカー以上の低燃費を実現します。

しかも、充電式ハイブリッドカーは、
家庭のコンセントにつなぐだけで充電可能な車です!


自宅や職場のコンセントにプラグを差し込めば充電できるので,
ガソリンスタンドには、
年に数回立ち寄るほどですむことになるでしょう。
 
また充電式ハイブリッド車が普及すれば、
何百万台もの自動車から吐き出される二酸化炭素が減るので、
地球温暖化にもストップをかけられるかもしれません。


ところで充電式ハイブリッドカーの充電式バッテリーは、
店で購入したときに充電ができていないのが欠点です。

ほとんどの充電式バッテリーは、
2〜3か月で電力の90%を失ってしまうからです。


そのため、まず最初に充電器で数時間、
バッテリーを充電しなければなりません。

しかし現在では、充電が切れず、
しかも購入時にほぼフル充電になっている充電式バッテリーが登場しました。


ハイブリッドカーは、日々進化しています。

やがてどの新車でも、
ハイブリッドカーのモデルを選ぶことができるようになるでしょう。


「ハイブリッドカー・エコカー」の上にもどる
posted by ハイブリッドカー at 12:37 | 仕組み

2007年03月30日

ハイブリッドカーの仕組みと韓国

ハイブリッドカーとは、ガソリンで走る一般車とどう違うのだろうか。

ハイブリッド車は、
電気とガス(ガソリン)の2種類のエネルギーを使って走る。

渋滞などの低速走行時には電気モーターを使い、
高速時にはガソリンエンジンで走るのだ。


CO2(二酸化炭素)やNOX(窒素酸化物)の排出量が、
ガソリン車より少ない。

環境にやさしい「クリーンエネルギー車」で、
ロハスやエコ意識の高い人々や海外セレブが、
ハイブリッドカーを好んでいる。


ちなみに、
2007年3月末現在、
ハイブリッドカーの世界市場は、
その90%以上をトヨタとホンダなどの日本メーカーが占めている。

しかし、韓国の自動車メーカーの現代自動車は、
2009年には、
ホンダのハイブリッドカー生産を抜くだろうといっている。


現代自動車は、
「ハイブリッドカーを開発する上での最大の障壁は、
技術ではなく値段」と指摘している。

現代自動車は、
モーターやインバーター(交流、直流電流の変換装置)、
バッテリーなどをの部品を国産化していくことで、
日本のメーカーに負けない競争力を打ち出すとしている。


「ハイブリッドカー・エコカー」の上にもどる
posted by ハイブリッドカー at 14:29 | 仕組み

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。