Sponsored Link

Top ハイブリッドカーとエコ(環境) ;>トヨタアルファード・ハイブリッドカー

2007年04月02日

トヨタアルファード・ハイブリッドカー

トヨタのアルファード(ミニバン・ワンボックス)は、
ハイブリッドカーだ。

2006年6月の改良で、
トヨタアルファ−ドハイブリッドは、
排出ガスをよりクリーン化した。


それで、
国土交通省の低排出ガス車認定制度の
「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得している。

さらに、
2006年4月から適用の「平成22年度燃費基準+20%」も、
達成している。

そのため、トヨタアルファ−ドハイブリッドは、
より優位な優遇税制の対象車となっている。

低燃費車としてグリーン税制に対応している。


またトヨタアルファ−ドハイブリッドは、
身障者や高齢者の乗降性に配慮したセカンドシートを備えてもいる。
「サイドリフトアップシート装着車」が用意されている。

エコで地球や環境にやさしいだけでなく、
弱者にもやさしいクルマとなっている。


そしてまた、
温室効果の原因の一つとなっているCO2排出量をさらに低くするため、
燃費にこだわった。


また、リサイクル性も向上させている。
廃車となったアルファードハイブリッドは、
金属類を中心にリサイクルされている。

ハイブリッドカーは、
リサイクルできる部品がガソリン車よりも少ないという人もいるが、
アルファードハイブリッドはリサイクル性をさらに向上させるために、
リサイクル性に優れた素材TSOP
(トヨタ・スーパー・オレフィン・ポリマー)
をバンパーや内装樹脂部品に取り入れた。


また、
ハイブリッドバッテリー(ニッケル水素バッテリー)を回収し、ステンレスの材料などへのリサイクルにも取り組んでいる。


その他、アルファードハイブリッドは、
ラジエーターやヒーターコア、ワイヤーハーネス被覆などから鉛をなくした。

環境負荷物質である鉛の使用量を、
2005年末までに1/3以下(1996年比)に低減するという業界目標を達成している。


「ハイブリッドカー・エコカー」の上にもどる
posted by ハイブリッドカー at 21:59 | ハイブリッドカーとエコ(環境)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。